私は中小企業の社長として長年自分の会社を守ってきています。
地方の中小企業ですので、景気の変動をもろに受けやすいので様々な点に気を付けながら努力をしてきました。
特に私が会社を守るために気を付けているのは、キャッシュフローの健全な状態をなるべく維持するという事です。
商品を仕入れる時には、相手側に現金で支払うのみではなく売掛債務を支払う事があります。
これによって今すぐ現金が無くても、済むのです。
ですがこのような手形決済を利用するのは当社だけでなく、相手取引先でも同様です。
そのため、モノを売ってもすぐに現金が手に入るとは限りません。
期日までに現金を用意しないといけないという事態も発生することを常に考えておかなければなりません。
そのため、私は資金調達の方法を複数持つようにしています。
最近私が着目している資金調達方法は、ファクタリングです。
これは売掛債権を買い取ってもらう事で、本来だったら期日に入る予定の現金を今すぐ手に入れる事ができるのです。
この方法を使えば即時にキャッシュフローの改善が行えるので、注目しています。
デメリットとしては、手数料を支払うという事ですが、それでも状況に応じて使う機会があれば使おうと思っています。