白内障は黒目の部分が白く見える疾患の事を言います。
多くの場合は加齢に伴ってこの症状が出てきますが、他の病気によって引き起こされる事も有るので注意しましょう。
また、ただ黒目が白濁していくだけでなく、本人の見え方にも影響を及ぼし、最初は白く見えるだけですが次第に視力が低下していき目が見えにくくなってしまう事も多々あります。
ただ白内障になった場合も治療法がないわけではありません。
症状が軽い場合は点眼薬を使う事が一般的です。
毎日点眼するだけで進行を抑える事ができるので、初期症状の人等にはとてもお勧めの方法と言えるでしょう。
正しく目薬を使えば、それ程悪化させずに何年も過ごすことができます。
悪化してしまった場合は手術をして治療します。
水晶体を取り除き、その代わりにレンズを挿入する方法となっていますが、痛みも少なく異物感も殆どありません。
1回挿入したレンズは取り除く必要もありません。
白内障になると目が見えなくなってしまうのではないかと思って心配する人もいますが、今は対処法も確立されています。
ただ放置しておくことは良くないので、気になる状態になったらすぐに眼科に行って検査をしてもらいましょう。
そして必要な治療を受け、悪化させない事が重要です。