先物取引市場で売買できる物はいろいろあります。
世界各地に先物取引市場が開設されおり、日本は東京に大きな先物取引市場が2つあります。
アメリカは世界最大規模を誇る先物取引市場がシカゴにあるのです。
株式市場が、商品を製造する企業や製品を流通させる企業を売買の対象とするのに対し、先物市場は商品の原材料を売買の対象とするのが、株と先物の根本的な違いです。
コムテックスは一般投資家が小麦やとうもろこし、原油や金などの素材や材料を売買できるよう、オンライン取引システムを構築しています。
インターネット証券で株を売買したり、FX取引を行ってきた一般投資家にとって、対面取引には大きな抵抗感があります。
証券会社の窓口までわざわざ出かけて行って、受け付け番号札を手に順番待ちして売買を申し込む、電話で証券マンと時候の挨拶から始まる売買申し込み、ネット世代には受け付けられないのです。
コムテックスは時代の流れに順応し、ネット上で投資手続きを完了させたい最近の個人投資家の需要にこたえて、オンラインシステムを構築してるのです。